対応する検査項目

このアプリケーションで入力できる項目の一覧です。
継続的に入力することで、自分の体の変化をグラフで視覚的に見ることができるようになります。
(画面は開発中のものです。)

写真

処方せん・メモ写真 処方せんの写真以外にも、お医者さまの指導メモ、薬の情報も【写真】を撮って保存しておくことができます。

項目一覧へ

身体データ

収縮期血圧[最高血圧] 血液が心臓から全身に送り出された状態で、心臓が収縮したときの血圧です。
拡張期血圧[最低血圧] 全身を循環する血液が肺静脈から心臓へ戻った状態で、心臓が拡張した時の血圧です。
体温  
体重  
身長  
腹囲  
BMI 「体格指数」ともいい、体重(キログラム)を身長(メートル)で二度割った数値です。日本人は22前後が最も病気にかかりにくいとされています。
脈拍数 心臓が規則的に収縮して血液が押し出されるたびに動脈に伝わる周期的な運動の回数です。
呼吸数  
肺活量 息を深く吸いこみ一気に吐き出した時の空気量です。
酸素飽和度 動脈血のなかにどの程度の酸素が含まれているかを示す指標となる数値です。
視力(右)  
視力(左)  
生活血糖値(空腹時) 空腹時の血液中のブドウ糖の量を調べます。
生活血糖値(食後2時間後) 食後2時間後の血液中のブドウ糖の量を調べます。
生理開始日  
生理終了日  

項目一覧へ

血液一般

赤血球数 貧血や多血症などに関わる影響を調べます。
白血球数 細菌やウイルス、異物などの侵入に関わる影響を調べます。
ヘモグロビン 貧血や多血症などに関わる影響を調べます。
ヘマトクリット
血小板数 出血に関わる影響を調べます。

項目一覧へ

血沈

血沈1時間値 炎症や貧血に関わる影響を調べます。

項目一覧へ

血液像

好中球 感染や炎症に関わる影響を調べます。
好酸球 アレルギーなどに関わる影響を調べます。
好塩基球 慢性的な炎症などに関わる影響を調べます。
単球
リンパ球 免疫反応に関わる影響を調べます。

項目一覧へ

生化学

ナトリウム 水分代謝に関わる影響を調べます。
カリウム 神経や筋に関わる影響を調べます。
クロール 水分代謝や酸・塩基などに関わる影響を調べます。
カルシウム 内分泌や骨代謝などに関わる影響を調べます。
無機リン
空腹時血糖 空腹時の血液中のブドウ糖を調べます。
HA1c 過去1, 2ヶ月の血糖値の状態を調べます。

項目一覧へ

脂質代謝

総コレステロール 脂質に関わる影響を調べます。
中性脂肪
HDLコレステロール 脂質に関わる影響を調べます。(善玉コレステロールとも呼ばれています)
LDLコレステロール 脂質に関わる影響を調べます。(悪玉コレステロールとも呼ばれています)

項目一覧へ

痛風

尿酸 血液中の尿酸の量を調べます。

項目一覧へ

血清蛋白

総蛋白 血液中の総蛋白量を調べます。

項目一覧へ

肝/胆機能

総ビリルビン 肝臓などに関わる影響を調べます。
直接ビリルビン
TTT
ZTT
AST[GOT] 肝臓や心臓、骨格筋に関わる影響を調べます。
ALT[GPT] 肝臓に関わる影響を調べます。
LDH 内蔵全般に関わる影響を調べます。
ALP 肝臓や骨に関わる影響を調べます。
γ-GTP 肝臓の解毒作用に関わる影響を調べます。
コリンエステラーゼ 肝臓に関わる影響を調べます。

項目一覧へ

膵/腎機能

血液尿素窒素 腎臓に関わる影響を調べます。
血清クレアチニン[Cr]
アミラーゼ すい臓と唾液腺に関わる影響を調べます。
eGFR 腎臓の働きの度合いを調べます。

項目一覧へ

免疫・血清学検査

HBs抗原 B型肝炎ウイルスの感染を調べます。
HBs抗体
HCV抗体 C型肝炎ウィルスの感染を調べます。
RAテスト リウマチ因子を調べます。
CRP 体にある炎症に関わる影響を調べます。

項目一覧へ

がんマーカー

CEA 腫瘍マーカー
CA19-9 消化器がん、膵臓がんマーカー
AFP 肝臓がんマーカー
PSA 前立腺がんマーカー
PIVKA-II 肝臓がんマーカー

項目一覧へ

Apple、Appleロゴ、iPhone、iCloudは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
iOS商標は、Ciscoの米国およびその他の国のライセンスに基づき使用されています。

アプリケーション概要

■カテゴリ:メディカル
■リリース:
2014/6/10
■バージョン:3.00

このアプリケーションは診察情報の記録を目的としたもので、診断を行うためのものではありません。
すべての医学的判断や行動は、必ず医師の判断に従ってください。

監修:池袋大谷クリニック 院長 医学博士 大谷義夫 先生